航空機整備改造認定

航空機の整備または改造の能力を有し、認定を受けた事業場として確認主任者は、作業を実施した航空機について、航空法に基づく確認を行うことができます。

認定事業場(航空機)で実施できる業務の範囲

〔航空法第20条第1項第4号に係わる限定〕

業務の範囲 機体
整備工場
羽田
事業所
宮崎
事業所
帯広
支所
最大離陸重量が5,700Kg以下の航空機に係る業務
(回転翼航空機を除く。)
 
最大離陸重量が5,700Kgを超える航空機に係る業務(回転翼航空機を除く。)    
回転翼航空機に係る業務    

実施場所

航空機の整備及び改造が実施出来る航空機の型式と工場・事業所は次の表の様になります。

○整備改造  △整備
業務の範囲 航空機の型式 機体
整備工場
羽田
事業所
宮崎
事業所
帯広
支所
最大離陸重量が5,700kg以下の航空機に係る業務
(回転翼航空機を除く。)
ビーチクラフト式A36型  
ビーチクラフト式58型      
ホーカー・ビーチクラフト式 G58型    
ビーチクラフト C90A型      
ビーチクラフト式B200型    
最大離陸重量が5,700kgを超える航空機に係る業務
(回転翼航空機を除く)
ビーチクラフト式200T型    
ビーチクラフト式B200T型      
ビーチクラフト式B300型    
ボンバルデイア式
CL-600-2B19型
     
ボンバルデイア式
CL-600-2C10型
   
デ・ハビランド式
DHC-8-100型
     
ボンバルディア式
DHC-8-200型
   
ボンバルディア式
DHC-8-300型
   
エンブラエル式
ERJ170-100STD型
   
エンブラエル式
ERJ170-200STD型
     
ボンバルデイア式
BD-700-1A10型
     
ガルフストリーム・エアロスペース式 G-Ⅳ型      
サーブ式SAAB2000型      
回転翼航空機に係る業務 ベル式206L-3型      
ベル式412型    
ユーロコプター式EC135P1型      
アエロスパシアル式
AS332L型
   
アエロスパシアル式
AS332L1型
     
アエロスパシアル式
SA365N1型
   
アエロスパシアル式
AS365N2型
     
ユーロコプター式
AS365N3
     
ユーロコプター式
EC225LP型
   
シコルスキー式 S-76B型      
シコルスキー式 S-76C型    
メッサーシュミット・ベルコウ・ ブローム式 Bo105S型      

※ 機体構造部材の保守及び修理に限る。